2017年05月31日掲載

【Report】食品工場での就労体験

西宮若者サポートステーションでは、就労経験の少ない概ね30歳までの方を対象に働くイメージを現場でつかむために、西宮市キャリア形成支援事業との連携によりぴかぴか(新しい)若年者就労体験プログラムぴかぴか(新しい)を実施しています。

「働いたことがない…。今の状況を少しでも変えたい」
「気になる求人があっても、応募する勇気がわかない」
「働きたいけどコミュニケーションが苦手…」
「求人票を見ても、自分の働く姿が想像できない」
そんな方におすすめのプログラムです。

今回は、5月に実施した、野菜の水煮やおでん具材のパックづめなどの食品製造・加工作業が体験できる阪神友愛食品株式会社さんでの就労体験についてご紹介します!

今回の就労体験プログラムの参加者は10代の男性。まずは「働く」環境に身をおき、その中で職場でのコミュニケーションの取り方などを練習したいという思いから就労体験にチャレンジすることになりました。

初日はサポステスタッフも同行。ご挨拶の後、さっそく先輩社員に教わりながら、作業開始!
初日はタケノコやぜんまいの加工作業の体験からスタートしました。

blog1.jpg
「周りの方のスピードについていけるか不安でした。また、計量作業では自分の計量したものが本当に正しいかどうか心配でした」と参加者。それを聞いていた社員の方から「とても正確に作業できていたよ」とのお褒めの言葉があり、ホッとした様子でした。他にも工場内での様々な仕事を3日間しっかりと経験することができました。

体験後は・・
「職場の雰囲気が常に温かく緊張しすぎずに作業することができました。作業以外でも、困っていたら色々と教えてもらうことができ大変助かりました。あいさつも笑顔で返していただき、自分を受け入れてもらえていると感じることができました」との声を聞くことができました!!

また、体験先の方からは「指示された内容をしっかり理解し、丁寧な仕事ぶりでした。大きな声でとても清々しい挨拶でした。働き始める時は、ぜひ自ら進んで挨拶できるよう意識してみてくださいね!」とあたたかいフィードバックを受けました右斜め上
今後は、体験した内容をしっかりまとめ、次のステップである応募活動につなげていくことになります。今回の体験を自信に変えて、一緒にがんばっていきましょうパンチ

西宮サポステでは、就労体験プログラムの参加者を募集していますexclamation×2
体験の流れ、申込手順については下記をご覧ください!

<就労体験の流れ>
taiken-nagare.jpg

次項有当事業は、西宮市からの委託を受けてNPO法人こうべユースネットが運営しています。まずは、受付窓口の西宮サポステへ電話または来所にて面談日時を予約してください。

面談予約・お問合わせ
TEL 0798-31-5951
「就労体験のページを見て連絡しました」とお伝えください
posted by 西宮サポステ at 12:02 | ■就労体験プログラム